목차
口繪=ii

外國企業名の原綴りと日本における一般的な呼稱=vi

略號および略名參照表=viii

序=1

序章 本書を理解いただくために - 社會生活を營む上で重要な工作機械とその國際競爭力を論じる際の核である「生産文化論」=9

注=23

第1章 日本の工作機械産業 - その生い立ち, 發展過程, ならびに現狀=27

1-1. 日本の工作機械の生い立ちと發展過程=28

1-1-1. 日本は工作機械後進國 ~ 1945年以前=28

1-1-2. "零"からの再スタ-ト ~ 1945年以降1960年代前半まで=31

1-1-3. NC技術の出現で大變身 ~ 1960年代後半以降=32

1-1-4. 汎用NC旋盤(TCを含む)とMCへの生産集中と特化 ~ 現在=35

1-2. 工作機械産業の全體像=38

1-2-1. 工作機械産業の特殊性=38

1-2-2. 世界の工作機械生産 ~ 日本の位置=40

1-2-3. 産業構造=42

1-2-4. 企業經營狀況=48

1-2-5. 最近の需給動向=50

1-3. 製品および生産プロセス革新への試み=54

1-4. まとめ=60

參考文獻·注=61

第2章 汎用TCおよびMCの國際競爭力 - 比較生産文化論による分析と考察=69

2-1. 韓國および臺灣の工作機械産業の槪要=74

2-2. 日本の優位性を維持するための差別化戰略の調査·硏究=78

2-2-1. 韓國および臺灣との戰略比較=78

2-2-2. 戰略策定上で考慮すべきドイツ, 米國, 竝びにスペインの情勢=84

2-3. 構築すべき望ましい差別化戰略は=91

2-3-1. 汎用TCおよびMCの生産體制の整備=92

2-3-2. 將來の主力製品への挑戰=94

參考文獻·注=99

第3章 販賣戰略と製品技術面からの次なる主力製品への取組み - 5軸制御MCおよび雙主軸形TCにみる生産文化論的比較=107

3-1. 5軸制御MCの日獨韓臺の比較=108

3-1-1. 5軸制御MCとは=108

3-1-2. 5軸制御MCの種類と用途=110

3-1-3. 世界の5軸制御MCの生産國=112

3-1-4. 日本, ドイツ, 韓國, 竝びに臺灣の比較=114

3-2. 雙主軸形TCの日歐比較=126

3-2-1. 販賣·技術戰略面の比較=126

3-2-2. 技術開發力の比較=127

3-2-3. 技術的優劣が生じる生産文化的要因=144

3-2-4. 今後の雙主軸形TCの開發の在り方=148

參考文獻·注=149

第4章 潛在資本財市場の現狀と望ましい製品·市場戰略=153

4-1. ロシア=159

4-1-1. 工作機械産業の現狀=160

4-1-2. 工作機械の利用狀況, 竝びに市場性を期待される機種=164

4-2. インド=167

4-2-1. 工作機械産業の現狀=167

4-2-2. 工作機械の利用狀況, 竝びに市場性を期待される機種=171

4-3. 中國=177

4-3-1. 工作機械産業の現狀=177

4-3-2. 工作機械技術の現狀, 將來動向, 竝びに市場性を期待される機種=179

參考文獻·注=185

第5章 近い將來に望まれる主力製品の姿=191

5-1. テ-ブル回轉形MC=196

5-2. 遊星主軸方式MC=197

5-3. Turn-milling方式TC=198

5-4. その他=200

5-4-1. パラレルリンク形工作機械の高度化=200

5-4-2. 5軸制御MCへの「Floating Principle」の應用=201

參考文獻·注=202

第6章 工作機械技術の國際優劣比較=207

6-1. 利用技術にみる日獨亞比較=209

6-1-1. 高精度·高生産性加工=210

6-1-2. 汎用機と專用機の融合=211

6-1-3. NC超精密加工=211

6-1-4. パラレルリンク形工作機械=212

6-1-5. 環境問題=213

6-1-6. 新しい加工技術 ~ 齒車加工技術=215

6-1-7. 切削·硏削工具の改良·高度化, その他=217

6-2. 設計·製造技術にみる日獨亞比較=219

6-2-1. 構造形態および設計·製造技術の革新性=221

6-2-2. 汎用TC(NC旋盤を含む)とMCの生産形態=222

參考文獻·注=223

執筆者プロフィ-ル=230

索引=231
닫기